なによりも自分のためのブログ

これまでに考えてきたこと、ふと思いついたことを発信していきます。

読書録 「いい努力」

「成果を出す努力の仕方」について書き留めた書籍を拝読しました.重要だと思ったポイントをまとめておきます.

 

マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力

マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力

 

 

レバレッジでより大きな成果を残す

レバレッジとは,財務的には「自己資本に加えて他社からの資金の借り入れも合わせて事業を展開すること」を意味する.M&Aの際には,買収先の資産を見込んで資金の借入を行 うことを意味する.つまり,周囲の力を組み込むことで,単独では成し遂げられないような大きなことを成し遂げることを意味している.ビジネスでも,他者の借りて,そして ,逆に自分の力を借りられて,成果を残していく,レバレッジの効いた働き方が重要となる.他人の力を借りてばかりでなく,他者に力にもなれるようになるためには,自分の得意分野を持ち,実力を磨いておくことが必要となる.

 

情報は7割集めたら判断にシフトする

ビジネスで成果を出すには,情報から判断を生み出す思考を実践していく必要がある.具体的には,以下の5つのステップからなる.

①情報を収集する
②情報から意味合いを汲み取り,洞察をする
③仮説を立てる
④仮説を検証・精査する
⑤自分の判断をアウトプットする

ここで問題となるのが,①にやたらと多くの時間をさきすぎてしまうということだ.心理的な不安からだらだらと長時間の情報収集を継続してしまうことがままある.しかし,情報は限られた時間で収集できることがなく,キリがない.また,上記の②から⑤は判断を行うフェーズであり,付加価値を生み出すには①の後のこれらのフェーズに注力することが必要である.したがって,終了の目安を決めて,判断のフェーズにシフトしていく必要がある.6割から7割くらいの情報を収集したら,情報収集は一旦終了する というルールを作っておく.

 

間違っていてもユニークなことを発言する

会議では,ただ黙っていては何ら価値を生み出したことにはならない.また,ただ闇雲に発言すれば良いわけでもない.ひたすら肯定する意見を言い続けてもだめである.会議 でどんな意見が価値を生み出すかと言えば,「ユニークな意見」である.誰かの受け売りではない,自分なりの根拠に基づいた,ユニークな意見を発言することで,会議中に価 値を生み出すことができる.ここで重要なのは,正しいか,正しくないかは問題ではないことだ.たとえ正しくない意見であっても,ユニークな意見であれば,新しい観点を議 論の中で共有した上で,やはり,もともと決まっていたこと(仮説)のほうが正しい,と確認することができる.仮説の検証を念入りにすることができる.